平成大家族2019/09/21


平成大家族

「平成大家族」 中島 京子・著 集英社文庫
三十路のひきこもり息子と90歳過ぎの姑と共に、静かに4人で暮らしていた緋田夫婦。ある日、長女の夫が事業に失敗し、自己破産して、家族ごと居候。続いて、次女も離婚して出戻って来るのだが、実は妊娠していたことが発覚。4世代の大所帯になってしまう。平穏を愛する当主の思いをよそに、次から次と騒動が押し寄せる……。
家族のいろいろな人が語る、短編連作になっています。それぞれに悩みながらも、家族の形態は変化していって、どうにかなっていくような様子が面白かったです。 ひきこもりや認知症、不倫など、深刻な問題そうだけど、なんだかのほほんとしています。ひきこもりの長男は、外に出ないのに、恋人ができたりしていました。
結婚して家から送り出した娘たちは、人数が増えて戻ってくるわけですから、それなりに広い家のようです。困りながらも、懐が深い当主夫婦です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック