希望荘2019/09/13


希望荘

「希望荘」 宮部 みゆき・著 文春文庫
離婚した杉村三郎は私立探偵事務所を設立。ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽についての調査依頼が。
杉村三郎シリーズ4冊目。短編連作形式。
これまでの話は、企業で働いていて事件に巻き込まれることが多い人だったけど、いよいよ探偵事務所を自分で始めたという話でした。そこに至るまでの経緯や、新天地でのご近所さんや大家さんとの関係など、なかなか面白いです。「水連」のマスターが私はなんとなく好きなんだけど、一緒に移ってきて「侘助」というお店を始めて、また出てくるのがうれしいです。モーニングがあって、ホットサンドがおいしい喫茶店っていうのが、また良いなぁと思っています。行きつけにしたい近所のお店という感じがします。新しい登場人物も増えてきて、引っ越したばかりでも、たくさん知り合いが増えています。話は犯罪ものではあるけど、いつも、予想できないような真実が暴かれていきます。頭が良いけど、驕ったところがなく、人間味を感じさせる人柄が魅力だと思います。
このシリーズは、人気が高いと思いますが、私もこのシリーズが大好きです。まだ探偵として始めたばかり、オープニングといういう感じがするので、これからの活躍を見て行きたいです。
この本の表紙絵を描いている人も好きです。吉永南央の紅雲町珈琲屋こよみシリーズも同じ人ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック