やっぱり契約破棄していいですか!?2019/09/11


やっぱり契約破棄していいですか!?

「やっぱり契約破棄していいですか!?」 ヒューマントラストシネマ有楽町
小説家を目指すも全く芽の出ない青年ウィリアム(アナイリン・バーナード)は、人生に絶望して何度も自殺を試みたが、失敗していた。一方、ベテラン殺し屋のレスリー(トム・ウィルキンソン)は、英国暗殺者組合の暗殺件数のノルマを達成できず引退寸前に追い込まれて(いた。ある日、ひょんなことからレスリーと知り合ったウィリアムは、1週間以内に自分を暗殺するよう依頼する。そんな矢先、出版社で働くエミリー(フレイア・メーバー)から、ウィリアムの小説を出版したいという電話が掛かってくる。出版へ向けて話し合ううちに急速にひかれ合うウィリアムとエミリー。ようやく生きる希望を見いだしたウィリアムは、レスリーとの契約破棄を希望するが……。
面白かったです。イギリスのブラックコメディ。ちょこちょこ笑えますし、殺し屋の方の奥さんとのやり取りとか、ごく普通に暮らしている中年夫婦ぶりがおかしいです。主演のアナイリン・バーナードは「ダンケルク」に出ていた人です。
エミリーと出会ってからの、進捗が短絡的すぎるけど、危険なめにあってもエミリーも動じないのが笑えます。気楽に見れて良い作品です。この邦題は、どうなのかな。あまり馴染んでないと思います。
1990年製作「コントラクト・キラー」という映画が大好きですが、話がそれに似ていると思いました。

★★★★☆ 4  

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック