うばかわ姫2019/09/09


うばかわ姫

「うばかわ姫」 越水利江子 白泉社まねにき猫文庫
美貌の少女、野朱。何不自由なく暮らしてきた彼女が、ある老婆との出会いをきっかけに、一夜にして醜い老女へと変貌してしまう。自身の外見の魅力のみをよすがに生きてきた女の目に映った、その後の世界。
発想は悪くないとは思いますが、老女となって困難がいろいろあるのかと思えば、元の姿にも戻れる時もあり、良い人と出会って、助けてもらえるし、都合良い気もました。幻想的な世界とつながっているのも、のりきれませんでした。主人公のことがあまり好きになれなかったように思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック