ガーンジー島の読書会の秘密2019/09/05


ガーンジー島の読書会の秘密

「ガーンジー島の読書会の秘密」 TOHOシネマズシャンテ
第2次世界大戦直後のロンドンで、作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は1冊の本をきっかけに、「ガーンジー島の読書会」のメンバーと手紙を交わすようになる。戦時中ナチスドイツに占領されていた島で、読書会と創設者の女性エリザベスは人々の心をつなぐ存在だった。興味を持ったジュリエットは、読書会の記事を書こうと思い、取材のためガーンジー島を訪れるが、エリザベスの姿はなかった。読書会のメンバーと交流していく中で、彼らがな秘密を隠していることに気付く……。
イギリス人にとって、読書は大切なもと感じます。最近では「マイ・ブックショップ」という映画もありました。ちょっと通じるところがあるかと思います。考えてみればシャイクスピアや「嵐が丘」や「ジェーン・エア」を書いたブロンテ姉妹もイギリス人ですね。映画の中でも語りあったり、ガーンジー島へ行くきっかけになったのも本が縁になっています。私もチャールズ・ラムの本でシェイクスピアを読んだのを、懐かしく思い出しました。
ガーンジー島は、自然豊かでとても美しい島です。そこで暮らす人たちと、初めは拒絶されている感じもするのだけど、次第に仲良くなっていくジュリエット。戦争中に何があったのか、ちょっとミステリー仕立てになっています。主人公のリリー・ジェームズのファッションが、とてもおしゃれでした。謎が少しづつ解明され、期待を裏切らない話の流れで、私の好みの映画でした。

★★★★★ 5-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/09/05/9149520/tb