引っ越し大名!2019/09/02


引っ越し大名!

「引っ越し大名!」 TOHOシネマズ日本橋
姫路藩主の松平直矩(及川光博)は、幕府から豊後(大分県)の日田への国替を言い渡された。莫大な費用がかかる上に、減俸もある藩の一大事に、引きこもりの書庫番・片桐春之介(星野源)が、引っ越し奉行に任命された。ノウハウもわからず、頭をかかえるが、亡くなった前任の引越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)が協力してくれることになる。幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や、勘定頭・中西(濵田岳)も加わり、知恵と工夫で引越しを乗り切ろうとする物語。
時代物をコミカルに描いて、なおかつ人気者を使うことによって、若いお客さんから、年配の方まで楽しめるようになっています。
「超高速!参勤交代」の脚本家・土橋章宏氏の執筆した時代小説ということで、同じような雰囲気がありました。
ところどころ笑わせてくれるし、星野源が役にあっていました。初めは及び腰だった主人公が、だんだんと成長していく様子や、恋愛模様あり、高橋一生が中心の剣術アクションもあります。ピエール瀧も出演していました。そのまま公開になったのですね。参勤交代も大変ですが、藩の家族ごと引越しする国替えって、大変だったと思います。実在の大名の松平直矩は生涯に7回も国替えを命じられたそうです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/09/02/9148330/tb

_ 象のロケット - 2019/09/11 09:09

播磨国(兵庫県)姫路藩藩主・松平直矩が、幕府の命により豊後国(大分県)日田藩への国替え(引っ越し)を言い渡された。 当時の”引っ越し”は全ての藩士とその家族全員で移動するという、費用と労力がとてもかかる超難関プロジェクト。 いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識もあるに違いないと、書庫番の片桐春之介が引っ越し奉行を命じられる…。 時代劇。