ディリリとパリの時間旅行2019/08/28


ディリリとパリの時間旅行

「ディリリとパリの時間旅行」 ヒューマントラストシネマ有楽町 字幕版
ニューカレドニアからやって来たディリリは、パリで出会った友人オレルとともに、少女たちの誘拐事件の謎に挑む。時代は19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック期。パリの街を舞台に時代を彩った天才たちに協力してもらいながら、エッフェル塔やオペラ座、ヴァンドーム広場などパリの街中を駆け巡って事件解決を目指す2人だったが……。
あらためてベルエポックって、すごい人たちがいっぱいいたことを実感しました。
出てくる人出てくる人、有名人ばかり、誰かを当てながら見るのも面白いです。特に美術好きな人は、楽しく見れると思います。芸術作品もリアルで、ロートレックなら、彼の絵のような人々が登場人物となって動いています。エリック・サティは演奏もしてくれるし、絵もきれいでした。モネ、ピカソ、ロダン、キュリー夫人、サラ・ベルナール等々、みな同じ時代に活躍していていたパリが繁栄していた華やかな時代です。今も繁栄していますが。アニメだけではなく、風景は実写が混ざっていたようです。
しかし、少女たち誘拐事件が、なんとも恐ろしいというか、不気味です。中東の過激派に誘拐され、女性蔑視な生き方を強いられている人を思い起させます。
少女たちを救うべくディリリたちは奮闘し、クライマックスは圧巻の美しさでした。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック