あなたの名前を呼べたなら2019/08/04


あなたの名前を呼べたなら

「あなたの名前を呼べたなら」 Bunkamura ル・シネマ
農村出身で未亡人のラトナ(ティロタマ・ショーム)はファッションデザイナーを夢見ながら、メイドとして働いていた。建設会社の御曹司アシュヴィン(ビベーク・ゴーンバル)の新婚家庭で住み込みで働く予定だったが、結婚直前で破談となってしまい、ムンバイの高級マンションに1人で暮らすことになった傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは彼の身の回りの世話をする。ラトナはメイドの仕事をこなしながら、裁縫を勉強しにいく時間を取らせてもらうことをお願いすると、優しい雇い主のアシュヴィンは許してくれる。お互いのことを知っていくうちに、2人は惹かれあうようになるが、格差社会のインドでは、それは難しい問題だった。
原題は「Sir」、メイドが「旦那様」を呼ぶ時の言葉で、ラトナは常に「Sir」と呼んでいます。この邦題はうまく気持ちを表していると思いました。
ムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作だそうです。女性らしい細やかな目線で、2人の気持ちが変化していく様子を綿密に描いています。
インド映画にしては、しっとりとした恋愛映画でした。
経済発展が目覚ましい都会のムンバイの様子や、インドの現在がよくわかります。まだ若いラトナが、故郷の風習では一生、未亡人だとか、身分格差があるとか、日本や欧米に比べると、信じられないです。ムンバイは、ニューヨークのようにビルが建ち並んでいて、これからは、考え方も変わっていくように思えました。
もっと、その後のことを知りたくなるような内容だったけど、とても良かったです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック