Girl ガール2019/07/26


Girl ガール

「Girl ガール」 ヒューマントラストシネマ有楽町
男性の体にうまれたトランスジェンダーのララ(ビクトール・ポルスター)は、バレリーナになることが夢で、強い意志と才能、そして血がにじむような努力で、難関とされるバレエ学校への入学を認められる。しかし、成長とともに変わっていく体によってうまく踊れなくなることへの焦りや、ララに対するクラスメイトの嫉妬や嫌がらせもあり、次第に心身ともに追い込まれていく。
本当にきれいで、バレエも上手くて、見ていてもうっとりします。しかし、ララの中では、焦りや葛藤があって、見ていて苦しいです。シングルファザーでララとまだ幼い弟を育てている父は、理解もあるし、愛情をそそぎ心配もしています。
女性になるための手術を想定して、病院にもかかっていて、ホルモン療法もしているが、ララの思う通りには進みません。その辛い気持ちがヒシヒシと伝わってきます。そして、衝撃の展開が待っていて、ビックリしました。
主演のビクトール・ポルスター、美しかったです。驚きの細さと柔軟な身体、物腰もしっとりとした女性という感じです。弟のミロくんも、かわいかったです。

★★★★☆ 4