いざ志願! おひとりさま自衛隊2019/07/25


いざ志願!おひとりさま自衛隊

「いざ志願!おひとりさま自衛隊」 岡田 真理・著 文春文庫
著者はお酒の勢いで、予備自衛官補に志願。その体験談をまとめたもの。
予備自衛官補とは陸上自衛隊の予備自衛官になるための訓練生。大きな災害や有事など、緊急事態が発生した時に、普段はサラリーマンや、学生、主婦をしていても、予備自衛官となって、任に就きます。年齢制限(34歳未満)や試験があり、合格しなければ訓練も受けられません。
それほど自衛隊のことを知らなかった著者が、訓練を通して、自衛隊の大変さと大切さを身をもって体験していきます。体力的なことはもちろん、射撃や催涙ガスなど、過酷ともいえる状況の中、逞しくなっていきます。
まず、予備自衛官というのは、私も全く知らなかったですが、とてもわかりやすく書かれていて、興味を持って読めました。語り口調が軽いタッチで、親しみやすいです。何より、自衛隊に愛情を感じて、みんなに良いところを知ってもらいたいというのが伝わってきました。若い方がこの本を読んで志願してみようかと思う人も増えたと思います。よほどの緊急事態が発生しない限り、召集されることはないかもしれないですが、ここで学んだことは、役に立つと思います。根性もつくと思います。周囲の理解も必要でしょうが、会社に行きながら、休みを取りながらでも訓練を受けることができるようです。時間が自由になる人の方が行きやすいと思います。
訓練は計50日間。続けてではなく、5日間の課程を、間をあけて10回だそうです。