アンと青春2019/07/06


アンと青春

「アンと青春」 坂木 司・著 光文社文庫
ぽっちゃり女子のアンちゃんがデパ地下の和菓子店「みつ屋」のアルバイトとして働き始めて8ヶ月。販売の仕事には慣れてきたけど、和菓子についてはまだまだ知らないことも多い。みつ屋の個性的な仲間たちに囲まれて、つまずきながらも学び、成長する日々。自分の未来も心配だけど、悩みを抱える人にも親身になっている……。
「和菓子のアン」の続編というかシリーズ第2弾。まだ話は続きそうです。
和菓子の世界特有のこともあるけど、デパートのことや、職人のこと、読んでいて学べることが多くて面白いです。なんといっても出てくるお菓子もおいしそうで、どんなものか想像しながらも、涎がたれそうです。
ほんわかムードで、ほっこりできる本です。