きみと、波にのれたら2019/06/29


きみと、波にのれたら

「きみと、波にのれたら」 TOHOシネマズ日比谷
サーフィンが大好きで小さな港町に引っ越してきた向水ひな子(声:川栄李奈)は、町で起こった火事騒動をきっかけに消防士の雛罌粟(ひなげし)港(声:片寄涼太)と知り合い、恋に落ちる。2人は互いにかけがえのない存在になっていくが、ある時、海で溺れた人を助けようとした港が命を落とし、そのショックでひな子は、大好きだった海を見ることすらできなくなってしまう。そんなある日、ひな子が2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。再び港と会えたことを喜ぶひな子だったが……。
前半はラブラブアピールがウザいとも感じるのですが、全体的にはとても良かったです。夏の光や海の感じも明るくて、どこか懐かしいです。千葉県が舞台としていっぱい出てくるのも良かったです。意外にも火事や消防の話でもありました。不思議な出来事、ファンタジーさは、アニメーションならではです。悲しい話でもあるけど、見終わった後は爽やかさを感じました。
川栄李奈の声が自然で特に良かったです。上手いと思いました。他にも松本穂香、伊藤健太郎、声優ではなく、俳優さんばかりでも気にならずに見れました。
雛罌粟(ひなげし)って、苗字書けないですよね。他にも後輩消防士の苗字ではなく名前の方ですが、山葵(わさび)って、変わっていますね。
上海国際映画祭金爵賞アニメーション最優秀作品賞受賞のニュースを最近聞いたばかり、日本のアニメが海外で評価されるのは嬉しいです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック