米中開戦12019/06/28


米中開戦 1

「米中開戦1」 トム・クランシー・著 新潮文庫
中国が南シナ海で軍備増強――情報を得たジャック・ライアン大統領は、だが、身動きできずにいた。対テロ民間極秘組織〈ザ・キャンパス〉の存在を何者かに把握され、監視されていることが判明したのだ。サイバー空間を使った脅威がアメリカに迫る……。
映画にもなっている「パトリオット・ゲーム」や「いま、そこにある危機」などのジャック・ライアンシリーズだけど、ずいぶん本がいっぱい出ているので、話もかなり進んでいました。ジャック・ライアンは大統領で、息子のジャック・ライアン・ジュニアが所属している諜報機関“ザ・キャンパス”の話や世界の国々で起きている出来事が描かれ、多くの登場人物がいます。
全4巻の1巻目なので、まだよくわからないけど、調べたら、「米露開戦」「米朝開戦」などいっぱいあるし、ファンの人は全部を順を追って読んでいるのだろうなぁ。映画のように、同時進行でいろいろな事件が起きていて、順番に語られていきます。読みやすく書かれているけど、こういうのを読む気分じゃなかったのか、なかなか進みません。まだ初めの方だから、同時進行している物語の関わりが見えないせいだと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック