クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅2019/06/11


クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」 新宿ピカデリー
インドの貧困地域で育った青年アジャ(ダヌーシュ)は、母の死をきっかけに1枚の偽札を持って憧れのインテリアショップのあるパリへやってくる。お金のないアジャは閉店後の店内でこっそり一夜を明かすことにしたが、入り込んだクローゼットがそのままトラックで搬出されてしまう。そこからアジャは、世界を巡る奇想天外な旅に巻き込まていく。
96分という短めな映画だけど、そんなに短く感じませんでした。いくつかの国に行って、歌やダンスもちょっとあって、気楽に見れる楽しい映画でした。ミュージカル調になるところもあって、初めはちょっとめんくらったけど、そういうのも面白いです。
恋愛に関してはもう少し、説得力が欲しかったです。不思議な縁で旅を続けるファンタジックな話でした。種類でいうと「ビッグ・フィッシュ」や「フォレスト・ガンプ」みたいな感じかなぁ。壮大さはないけど、軽快で好きです。ちょこっと心温まります。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック