バースデー・ワンダーランド2019/05/02


バースデー・ワンダーランド

「バースデー・ワンダーランド」 丸の内ピカデリー
誕生日の前日、小学生のアカネ(声:松岡茉優)の前に、謎めいた大錬金術師ヒポクラテス(声:市村正親)とその弟子が現れる。自分たちの世界を救ってほしいと必死で訴える2人に無理やり連れて行かれたのは、骨董屋の地下室の扉から繋がるワンダーランドだった。不思議な動物や人が住むそのカラフルな世界は、色が消えてしまう危機に陥っていた……。
本職の声優さんじゃなく、有名俳優が声をあてているけど、この映画では、上手でした。市村正親さんなんか、特に合っていました。
まずは、主人公がどう見ても小学生に見えないのが違和感がありました。大人に近い感じだし、他の人に比較すれば幼いかもしれないけど、中学生か高校生くらに見えました。ランドセルをしょっているから、小学生なのかとわかりました。
風景はきれいでした。特に花畑、色鮮やでした。星空やファンタジー的世界、小さい女の子向きなのかなぁ。
取り立てて悪いとこもなく良い話なんだけど、感動が足りない気がしてしまいました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/05/02/9066860/tb

_ 象のロケット - 2019/05/04 01:28

誕生日の前日、少女アカネが強引に連れて行かれたのは、骨董屋の地下から繋がっている不思議な国<幸せな色に満ちたワンダーランド>だった。 謎の錬金術師ヒポクラテスと弟子のピポから「この世界を救ってほしいのです」と請われ、アカネは救世主にされてしまう…。 アニメーション。