藝大コレクション展20192019/05/01


藝大コレクション

「藝大コレクション展 2019」 東京藝術大学美術館
東京藝術大学の前身である東京美術学校の教授だった黒田清輝の作品や、その師匠である上記ポスターのラファエル・コランの《田園恋愛詩》。東京美術学校の開校に先立って芸術資料として収集した作品や、歴代卒業生の作品など、多くのコレクションの中からセレクトして紹介されています。
池大雅の《富士十二景図》は、十二幅のうち九月だけが、長いこと行方不明だったのが、最近発見されて全部の所在が確認されたそうです。その全十二幅を一堂に展示しています。第一期のみなので、こちらは5月6日までです。


美術館へ入る前に“NOM cafe”でホットチャイを飲みました。車で売りに来ているコーヒースタンドです。外に置いてあるテーブルと椅子で飲むことができます。外は気持ち良いです。カップカバーの猫の絵や文字は、手書きのようです。

そういえば猫展というのをやっていたので、そこものぞきました。


「藝大の猫展」 東京藝術大学内藝大アートプラザ
藝大アートプラザは、藝大の学生、教職員、卒業生の作品を中心に展示・販売しているギャラリー・ショップだそうです。
そこの前でコーヒーが飲めるようになっています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック