希望の灯り2019/04/13


希望の灯り

「希望の灯り」 Bunkamura ル・シネマ
ライプツィヒ近郊の田舎町に建つ巨大スーパー。腕や首にタトゥーの入れている青年クリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)が、在庫管理係として働き始める。仕事を教えてくれるブルーノ(ペーター・クルト)や、隣りの菓子を管理している年上の女性マリオン(サンドラ・フラー)など。無口なクリスティアンに対し、適当な距離をおきつつも、優しくしてくれる従業員たち。
つつましやかな日常の中でも、喜びや悲哀があります。整然と並べられた商品の間をフォークリフトが行き来しています。毎日の仕事や生活を丁寧に描いていて、音楽も風景も美しいです。カラりとした天気はなく、いつもどんよりとしているけど、構図や色合いが絵画のようでした。
なにげない日常や、ささやかな楽しさ、こういう映画が好きです。そんなにすごいことをするわけでもないけど、クリスマスにはみんなちょっとうかれています。
主人公は、必要以上に口を聞かず、でも真面目に働きます。ホアキン・フェニックスの若い頃みたいな感じで、似ています。不慣れなフォークリフトの運転や、昔の悪い仲間の存在などで、ちょっとハラハラしますけど、彼を応援したくなる映画でした。だんだん成長しているのを見てうれしくなります。

★★★★★ 5-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/04/12/9058686/tb