移動都市 モータル・エンジン2019/03/28


移動都市 モータル・エンジン

「移動都市 モータル・エンジン」 TOHOシネマズ日比谷
最終戦争から数百年の時が過ぎ、わずかに残された人類は地を這う移動型の都市で生活することを余儀なくされた。巨大移動都市ロンドンは、都市同士が捕食しあう弱肉強食の荒れ果てた地でその支配を拡大させ、小さな都市を捕食することで成長を続けている。そんなロンドンの指導者的立場にあるヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィービング)に対し、復讐心をたぎらせるヘスター(ヘラ・ヒルマー)は、小都市が捕食される騒ぎに乗じてロンドンに潜入。ヴァレンタインに刃を向けるが……。
ハマる人とハマらない人がいるかもしれないけど、私はとっても好きです。移動都市が伝統的なヨーロッパの街並とメカニックさが融合していて、かっこよかったです。芸術的な造形を見ているだけでもうれしいけど、話も良かったです。
ちょっと「ハウルの動く城」や「天空の城ラピュタ」を思わせます。ファンタジックさをマイナスして、ハードにしたような映画でした。ミニオンがちょっとだけ映ります。現代からずーと後の世界はどうなっているのかと、想像させます。
主人公と出会う、ちょっと頼りない男性・トムや、バリバリのアクションを見せてくれる女性・アナ(ジヘ)、まるでターミネーターのようなシュライク。みんな良かったです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/03/28/9052377/tb