ゴッズ・オウン・カントリー2019/02/15


ゴッズ・オウン・カントリー

「ゴッズ・オウン・カントリー」 シネマ―ト新宿
イギリスのヨークシャー地方。祖母と病気の父と暮らし、寂れた牧場を切り盛りする青年ジョニー(ジョシュ・オコナー)。孤独で閉塞的な日々を送っている。羊の出産シーズンで、ルーマニア人のゲオルゲ(アレック・セカレアヌ)を、臨時雇用する。はじめのうちは、しっくりいかないジョニーとゲオルゲだったが、ゲオルゲの仕事ぶりや態度から、ジョニーはこれまでに感じたことがない感情を抱き始める……。
大自然相手に、大変な労働、気晴らしに酒とセックス。ゲオルゲと会ってから、ジョニーは変化していきます。羊の出産とか、いろいろ生々しかったけど、男性同士のラブストーリーが中心でした。神の恵みの地(ゴッズ・オウン・カントリー)は、神々しいし、積み上げていく石塀は、いかにもイギリスらしい光景です。
主演の2人ともかっこ良くて、特にゲオルゲは、ジョニーの方が雇い主なのに、教育してあげているようです。荒々しくも繊細な映画でした。見終わった後も、この映画のことを反芻してしまう。

★★★★★ 5-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/02/15/9036264/tb