江戸の園芸熱2019/02/10


江戸の園芸熱

「江戸の園芸熱 浮世絵に見る庶民の草花愛」 たばこと塩の博物館
江戸時代、四季折々に咲く花の名所を訪れることは何よりの娯楽で、浮世絵の題材にもなっています。18世紀半ばに植木鉢が普及すると、庶民の間に園芸が流行し、美人画や役者絵などにも、草花の鉢植えが描かれることも多かったそうです。
そういう浮世絵を集めて展示しています。
時代小説でも、時々市井の人々が、園芸を好む様子が出てきます。その時代の生活の様子がうかがえて、興味深いです。


たばこと塩の博物館は、名前の通りたばこと塩に関する資料の収集や研究をしていて、常設展示もしています。
2015年に渋谷区から墨田区へ移転。移転後は、まだ行ったことがなかったので、一度行きたいと思っていました。清潔でゆったりとした博物館でした。



昔のたばこ店の様子を再現した展示。見学に来ていた子どもたちが、赤い電話のダイヤルを回していました。この型が珍しいのでしょうね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック