まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ2019/02/07


まひるまの星

「まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ」  吉永 南央・著 文春文庫
シリーズ第5弾。北関東の小さな町でコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営むシニア世代の杉浦草。ある日、町の山車蔵移転問題がもちあがり、「小蔵屋」が第一候補になる。他の候補地を探していると、うなぎ屋の近くに良い場所があると思われるが、うなぎ屋の女将が反対している。草の亡母とうなぎ屋の女将は、昔は親友だったが、ある日を境に仲違いしてしまい、草とも絶縁状態。過去に何があったのか、町の噂の断片や、歩き回って知ったことなどから、草は重い事実に気が付く。
一応、このシリーズはミステリーなのだと思うけど、町の人間関係が深くかかわっていて、複雑になっています。今作が一番、ミステリーっぽい気がしました。うなぎ屋の家族関係や、草の人間性など、エンターテイメント性はないけど、味わい深いシリーズになっていると思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック