メリー・ポピンズ リターンズ2019/02/06


メリー・ポピンズ リターンズ

「メリー・ポピンズ リターンズ」 TOHOシネマズ日比谷
昔の「メリー・ポピンズ」のその後を描いたもの。バンクス家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は3人の子を持つ父となったが、妻を亡くし、大恐慌下で借金を作ってしまった。返済期限が迫り、屋敷を失う危機に陥ってしまう。父が遺してくれたはずの株券がみつからず、困っていた。そんな時、子どもの教育係として、メリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が舞い降りてくる。
アニメと実写の混ざった映像で、アニメがちょっと懐かしい絵で、昔っぽい雰囲気でした。歌とダンスはミュージカルの舞台のようです。やや子ども向けという感じもしましたけど、コリン・ファースやメリル・ストリープも出演していて、豪華でした。ベン・ウィショーも結構歌っていました。この映画の私の印象は「パディントン」と「プーと大人になった僕」を足して、2で割ったような感じ。そういえばパディントンの声はベン・ウィショーだったなぁ。ガス灯のある時代のロンドンの街並みが良かったです。メリー・ポピンズもエレガントでした。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2019/02/09 09:31

大恐慌時代のイギリス・ロンドン。 妻を亡くしたバンクス家の長男マイケルは、銀行で働きながら3人の子どもたちを育てていた。 家の中は荒れ放題で、更に家を失う窮地に陥ってしまう! そんな時、魔法使いメリー・ポピンズが、風に乗って彼らのもとに舞い降りる。 20年前と同様、バンクス家の子どもたちの世話をしに来たのだった…。 ファンタジー。