ヴィクトリア女王 最期の秘密2019/02/04


ヴィクトリア女王 最期の秘密

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」 Bunkamura ル・シネマ
1887年ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)の在位50周年の記念式典。記念硬貨の贈呈役に選ばれたアブドゥル(アリ・ファザル)は、英領のインドからイギリスへやって来る。女王に気に入られたアブドゥルは。そのままイギリスで働くことになる。孤独なヴィクトリア女王は、心から敬愛を示してくれるアブドゥルに心を開き、身分や年齢を超えた絆が芽生えていく。しかし、その関係をこころよく思わない周囲の人々は2人を引き離そうとする……。
かなり高齢のヴィクトリア女王が、恋してしまったのかと思ったけど、息子のような気持ちだったようです。インドがイギリス領であった時代、異国文化に興味を持ち、言葉や宗教のことなど、熱心にアブドゥルから教えてもらおうとします。公務をこなしていただけの毎日から、新しいことを学ぼうとする純粋さを感じました。
随所にクスッと笑えるところがありました。アブドゥルは、もっと称えられるべき人物だったと思うけど、植民地から来た召使いに、女王がコントロールされるのではと、周囲は戦々恐々だったようです。このような映画ができて、ヴィクトリア女王が心の師と仰いだ人がいたことが、知られたことは良かったです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2019/02/17 11:33

1887年、イギリス。 ヴィクトリア女王在位50周年式典で、女王に記念硬貨を贈呈する役に選ばれた青年アブドゥルが、英領インドからやって来た。 最愛の夫アルバートと従僕ジョン・ブラウンを亡くし、長年心を閉ざしていた女王はアブドゥルに心を許し、2人は強い絆で結ばれていく。 しかしそれは側近の反発を招き、大騒動へと発展してしまう…。 実話から生まれた歴史ドラマ。