終わりのむこうへ : 廃墟の美術史2019/01/16


終わりのむこうへ : 廃墟の美術史

「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」 松涛美術館
栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。テーマを廃墟にした、様々な絵画でした。
廃墟のある風景という感じのが多かったです。遺跡というのは、そういえば廃墟かなと思いました。
アンリ・ルソー、ポール・デルヴォー、日本の画家もいっぱいありました。昔の絵から、近現代の絵まで、楽しめました。
渋谷や国会議事堂が、廃墟になっている絵もあって、ユニークで良かったです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック