クリード 炎の宿敵2019/01/09


クリード 炎の宿敵

「クリード 炎の宿敵」 よみうりホール(試写会)
「ロッキー」シリーズのアポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)を主人公にした「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。
「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父を葬ったイワン・ドラコ(ドルフ・ラングレン)の息子ヴィクター(フロリアン・ムンテアヌ)が登場し、世界チャンピオンとなったアドニスと対戦することになる。凄まじい強さをみせつけられたアドニスは、怪我をしたこともあり、ボクシングから離れていたが、ロッキー(シルベスター・スタローン)の指導の下、決着をつけるために再戦に挑む……。
アドニスの子どもが生まれたり、私生活でも話がすすみます。ボクシング以外のシーンは、ちょっとメロドラマ風で、眠くなってしまいました。
内容はボクシング映画の迫力はあるのだけど、前作とはちょっとテイストが違う感じがしました。監督が違うからだと思います。私は前作の方が好きです。
こちらの作品はかなりロッキー愛が出まくっていて、何かとロッキーシリーズをのぞかせています。おまけに、結局はシルベスター・スタローン演じるロッキーがすごいって感じに作ってありました。でも、ロッキーシリーズが好きな人には良いと思います。話もつながっているし、ドルフ・ラングレンも同じ役で出ていますし、スタローンの元妻ブリジッド・ニールセンまで出演していました。

★★★☆☆ 3-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/01/08/9023099/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2019/01/14 23:27

来た。劇場に来た。胸に迫ってきた。感動が押し寄せてきた。前作の「クリード チャンプを継ぐ男」を観ていた方がいい。それはもう絶対に絶対にその方がいい。ロッキー・バルモア(シルベスター・スタローン)と亡きアポロの遺児アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)との関係は言うに及ばず…いやそんな前情報で判ることはどうでもよくて…アドニス・クリードが「ママ」と呼びながら実家に帰る時、その普通なら当たり前の「ママ」という単語の持つ意味を深く胸に刻めるし、アドニス・クリードがロッキーに「フィリー(フィラデルフィア)に帰れ」と毒づくシーンはフィラデルフィアが彼らにとってどんな土地であるかに思いを馳せるこ…