棗にまつわるエトセトラ2019/01/06


棗にまつわるエトセトラ

「棗にまつわるエトセトラ」 東京国立近代美術館工芸館
棗(なつめ)は、茶器の一種で、抹茶を入れる容器。掌の中におさまる大きさのもので、多くの茶人の好みを反映して、さまざまな形が生み出されてきたそうです。
植物のナツメの実に形が似ていることから、そう呼ばれるようになったそうです。
お茶はやってないし、そんなに興味があるわけでもなかったけど、美術館の所蔵展に行くついでに足を延ばしました。美術館のすぐ近くかと思ったけど、坂道を400mくらい上って行かないとならないので、遠く感じました。


旧近衞師団司令部庁舎と書いてありました。立派な建物です。
展示品も、やっぱり良いものは、佇まいが美しく、古典的なものもあれば、モダンな物もありました。着物姿で見に来ている人もいて、ステキです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/01/06/9022086/tb