マチルド、翼を広げ2018/12/27


マチルド、翼を広げ

「マチルド、翼を広げ」 映画美学校試写室(試写会)
パリで暮らす9歳の少女マチルド(リュス・ロドリゲス)は、少し変わり者のママ(ノエミ・ルボフスキー)の突飛な言動に振り回されてばかりで、学校でも友だちができず孤独な毎日を送っていた。そんなある日、ママが小さなフクロウを連れて来る。そのフクロウはなんと話すことができ、マチルドに理知的な言葉を投げかけ、アドバイスもしてくれる。フクロウと幸せな時間を過ごすマチルドだったが、やがてママがまた騒動を起こし……。
ノエミ・ルボフスキー監督が情緒不安定な母親役を自ら演じています。子ども時代の自分の体験が基になっているようです。母は、病気だと思うけど、何と言ったら良いのか、正気を失っていて、奇行を繰り返します。困ったママだけど、マチルドはママと一緒にいたい気持ちも強くて、複雑な心情です。シビアな問題だと思うのだけど、知的なフクロウやユニークな母娘の関係が、明るく描かれていました。色合いもビビッドで良かったです。離婚して離れて住む父役はマチュー・アマルリックで、母娘のことを心配して見守ってくれています。マチルドがかわいらしかったです。フクロウも良かったです。フクロウの声はマチルドにしか聞こえないのです。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2018/12/27 21:13

フランス・パリ。 友達がいない9歳の少女マチルドは、情緒不安定で奇行が目立つ母と2人暮らし。 ある日、マチルドは母から一羽のフクロウをプレゼントされる。 驚くことにそのフクロウは、人間の言葉を話すのだ。 しかし、それはマチルドにしか聞こえない。 フクロウという友達が出来て、マチルドは明るくなっていくが…。 ファンタジック・ドラマ。