花だより みをつくし料理帖 特別巻2018/12/18



花だより みをつくし料理帖 特別巻

「花だより みをつくし料理帖 特別巻」 髙田 郁・著 ハルキ文庫
シリーズ完結から四年、登場人物たちのその後の話。
澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る、表題作「花だより」。澪のかつての想いびと、御膳奉行の小野寺数馬の暮らしを綴った「涼風あり」。あさひ太夫の名を捨て、生家の再建を果たしてのちの野江を描いた「秋燕」。澪と源斉夫婦が危機を乗り越えて絆を深めていく「月の船を漕ぐ」。
シリーズでは主人公の澪が中心だったけど、この本は他の人が語り手になっていることが多くて新鮮でした。人気シリーズだけに、その後のことが気になっていたので、ファンにはうれしい1冊だと思います。澪がなかなか出てこなかったけど、どの話も面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/12/18/9013223/tb