名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ2018/12/16


名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ

「名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ」 吉永 南央・著 文春文庫
シリーズ第3弾。小蔵屋を営むお草は、新聞記者の萩尾の取材を手伝って以来、萩尾と、彼のライフワークである民俗学の師匠・勅使河原、その娘のミナホのことが気にかかっている。15年前のある“事件”をきっかけに、3人の関係がぎくしゃくしているらしいのだ。止まってしまった彼らの時計の針を、動かしたい……。
推理ものというには展開がのんびりしているのだけど、日常を描きながら、絡まった糸をほぐしていきたいと、おせっかいを焼いてしまう主人公の姿が良いです。
続きを読みたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック