その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ2018/12/13


その日まで―紅雲町珈琲屋こよみ

「その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ」 吉永 南央・著 文春文庫
シリーズ第2弾。コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の近くに、ライバル店が開店した。その店は元は和菓子屋だったが、近隣では経営難のオーナーから詐欺まがいの手口で土地家屋を買い叩く業者グループがいるという噂がある。小蔵屋を営む気丈なおばあちゃん・杉浦草は、背景を調べ始める……。
悪徳業者を成敗するのかと思えばそうでもないけど、持ち前の行動力で、良い方向へ持って行こうと努力します。困っている人に心を砕き、間違っていることを見過ごしたままではいられないのです。 ライバル店に対しては、あえて対抗するのではなく、自分のポリシーを貫いて、店のあり方を大切にしています。こんなお店が実際にあったら、のぞいてみたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック