フェルメール展2018/12/12



「フェルメール展」 上野の森美術館
オランダ絵画黄金時代の巨匠ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。
国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ現存作はわずか35点とも言われています。今回はそのうち9点を展示しています。
フェルメール好きですが、きっと混むだろうと思ったし、どうしようかと思っていたら同時代の画家ハブリエル・メツー (1629-1667)の作品もあるというので、行ってみたくなりました。

日時指定の予約制で2500円、ちょっと高いですが、音声ガイドが無料でした。
予約人数が多いようで、かなり混み合ってはいました。

  《手紙を読む女》 ハブリエル・メツー

 《手紙を書く女》 ヨハネス・フェルメール

フェルメール作品では、この黄色の服を着ている絵が多いですが、上のハブリエル・メツーの女性の服も同じですね。
自分が手紙好きなので、手紙にまつわる絵が多いから好きなのかもしれません。
絵の中に描かれる絵、画中画というのでしょうか、手紙の内容や今後の運命を象徴しているようなことが多いのです。嵐の絵とか。
当時のオランダは女性でも識字率が高かったらしく、手紙などを書いている絵が多いような気がします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/12/12/9011043/tb