台北暮色2018/12/03


台北暮色

「台北暮色」 ユーロスペース
台北でひとり暮らす女性シュー(リマ・ジタン)、車で生活をしている便利屋の男フォン(クー・ユールン)、シューと同じ集合住宅で暮らす自閉症の少年リー(ホアン・ユエン)。シューのインコがいなくなったことをきっかけに、都市で暮らすそれぞれの孤独が描かれる。
ホウ・シャオシェンのアシスタントを務めた女性監督ホアン・シーのデビュー作だそうです。確かにホウ・シャオシェンの作品のように、一般の人々の日常を切り取ったような映画でした。時代はとても現代的なでした。3人の人生が交錯するってほどではなく、わかりやすいクライマックスもないのだけど、台北の街の風景や暮らしがわかります。台湾に興味があるので、私は面白かったけど、ちょっと退屈に感じる人もいるかもしれません。シューが露出多めのファッションで、若くてきれいで、似合っています。常に短パン姿でした。インコがかわいくて、すごく懐いていました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/12/03/9006253/tb