ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生2018/12/02


ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」 TOHOシネマズ日比谷
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続きで、シリーズ2作目。
アメリカからイギリスに戻ってきたニュート(エディ・レッドメイン)は、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げ出したことを知る。恩師のダンブルドア(ジュード・ロウ)から特命を受け、パリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデンバルドの行方を追う。
壮大なファンタジーで、なんといってもハリー・ポッターシリーズに続く世界観が好きなので、それだけでも満足。ニュートのシャイでハニカミな感じも好きです。更に今回はニュートの兄が出てくるのだけど、気に入った映画「さよなら、僕のマンハッタン」の主役だったカラム・ターナーが見たかったので、見れて良かったです。
学生時代のニュート役の子が、雰囲気が似ていて違和感なしです。もちろん魔法動物たちもかわいく活躍したり、ダイナミックな動物もいました。
ハリー・ポッターシリーズは本を読んでから映画を見ていたので、話がわかっていたけど、ファンタジック・ビーストの方は、どうなるのかわからない楽しみがあります。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/12/02/9005808/tb

_ 象のロケット - 2018/12/02 12:45

ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、捕らえられていた“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。 グリンデルバルドは魔法界と人間界の支配を企んでいた。 パリに向かったニュートだったが、悪の力が彼の仲間たちにまで及んでいく…。 冒険ファンタジー第2弾。

_ ふじき78の死屍累々映画日記・第二章 - 2018/12/08 21:24

映画の日鑑賞3本をちゃっちゃっと手早く。

◆『くるみ割り人形と秘密の王国』トーホーシネマズ六本木3

▲新春隠し芸大会の英語劇みたいな衣装(予算は百倍くらい違いそうだが)。

五つ星評価で【★★★リアルじゃないけどまあ楽しい】
・主役のマッケンジー・フォイちゃん可愛い。
 ドレスも可愛いが、軍服みたいなのも萌える。
・白人の彼女のおじさんがモーガン・フリーマンって、どない...