女が階段を上る時2018/11/15


女が階段を上る時

「女が階段を上る時」 神保町シアター
銀座のバーで日々を生きる雇われマダムの圭子(高峰秀子)。事情を抱えながら、欲望渦巻く夜の世界で、かけひきや裏切りにあいながらも、圭子は今日もバーの階段を上る……。
1960年制作の映画。神保町シアターの「女たちの街」という特集上映で女性が主人公の昔の映画を上映していました。
この映画を見たきっかけは、お世話になっていた銀座のバーのママが教えてくれて、気持ちがわかると言っていました。いったいどういう映画なのかと気になっていました。成瀬巳喜男監督作品を見たことがなかったので、一度見たいと思っていました。見たら他の作品も見てみたくなりました。この映画もとても良かったです。
高峰秀子さんが上品で美しかったです。着物がシックでかっこ良かったです。衣装も高峰秀子さんが担当しているようです。華やかな世界の裏と表、誘惑がいっぱいあって、それをかわしながら、けなげに頑張っている主人公。小さな幸せを求めているだけなのに、試練があります。それでも、筋は通す凛とした姿が良かったです。
それにしても銀座ってこんな感じだったのかと歴史を感じました。街並やお店の様子を見ているだけで興味深ったです。仲代達矢さんや菅井きんさんも出ていました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック