若おかみは小学生!2018/10/27


若おかみは小学生!

「若おかみは小学生!」 TOHOシネマズ日比谷
小学6年生の女の子おっこ(声:小林星蘭)は交通事故で両親を亡くし、祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られる。旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊と知り合い、彼に頼みこまれて春の屋の若おかみの修行を始めることに。失敗の連続に落ち込むおっこだったが、不思議な仲間たちに支えられながら、個性的なお客様たちをもてなそうと奮闘するうちに、少しずつ成長していく。
子ども向けなのでしょうが、冒頭の方で両親が交通事故で亡くなるなど、シリアスな場面もあります。そして、ユーレイと出会うわりには、ユーレイのキャラクターのせいか、それほど怖がる様子もなく、馴染んでいきます。むしろ都会から自然が多いところに来たので、虫の方を怖がっていました。
家族を失って落ち込こんでいるのに、気丈にふるまい、頑張っていこうとする姿に、応援したくなります。ライバルも現れてひと悶着あるけど、周囲を明るくして、自分も成長していく癒しがテーマの物語だと思いました。子ども向けであっても、大人も楽しめますし、泣けてしまいました。絵もかわいらしかったです。
本職の声優さんじゃなく、タレントや俳優さんが多く参加していましたが、全然違和感なく、自然な声の出演者でした。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/27/8984258/tb

_ 象のロケット - 2018/10/27 22:03

小学6年生の少女おっこは交通事故で両親を亡くしたため、花の湯温泉郷の旅館<春の屋>を経営する祖母・峰子に引き取られた。 旅館に住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼、ライバル旅館の跡取り娘・真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみ修業を始めることに…。 アニメーション。