クレイジー・リッチ!2018/10/05


クレイジー・リッチ!

「クレイジー・リッチ!」 丸の内ピカデリー
ニューヨークで若くして大学教授として働くレイチェル(コンスタンス・ウー)は、親友の結婚式に出席する恋人のニック(ヘンリー・ゴールディング)とともに彼の故郷シンガポールへと向かった。旅行への期待と、初めてニックの家族会うことで緊張していたレイチェルだったが、実はニックはシンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司だった。交際をここよく思わないニックの母エレノア(ミシェル・ヨー)や親戚、ニックに憧れる女性たちの嫉妬で、レイチェルは冷たくされる……。
ハリウッド映画なのに、オール・アジア人キャストで、アメリカで話題になっていた映画です。日本の公開はまだ先なのかと勝手に思っていたら、上映していたので、急いで見に行ってきました。
シンガポールで、超豪華なパーティや結婚式など、目の保養になるくらいリッチな世界でした。彼の母役のミシェル・ヨーは好きだし、風格があって良いのですが、主人公の2人はちょっと地味めでした。話も夢見がちは女の子向けな気がしてしまいましたけど、楽しめました。レイチェルも敵ばかりではなく、学生時代からの親友もシンガポールにいて、力になってくれます。演じていたオークワフィナという女優さんは「オーシャンズ8」でも良い味を出していました。
主人公レイチェルは聡明で、ただ待っているヒロインではなく、考えを切り替えたりして、強く立ち向かいます。それでも断固拒絶されると、落ち込んでしまうのですが、果たして結末は。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/05/8968829/tb

_ 象のロケット - 2018/10/05 13:22

若き経済学の大学教授である女性レイチェルは、生粋のニューヨーカー。 恋人ニックの親友の結婚式に出席するため、一緒にアメリカから彼の故郷シンガポールへ行くことに。 知らなかったが、実はニックはアジア屈指の不動産王の御曹司! ニックの母エレノアや親戚一同には金目当てと誤解され、現地の女性たちからは嫉妬され、2人の間に“セレブの壁”が立ちはだかる…。 ラブ・ストーリー。

_ 映画に夢中 - 2018/10/13 23:15

シンガポールを舞台に不動産王の御曹司である恋人と、彼の裕福な一族との間で揺れながら本当の幸せを探す独身女性の葛藤を、アジア系キャストをメインに描いたハリウッド製ラブコメディ。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。あらすじ:ニューヨークで働くレイチェルは、親友の結婚式に出席する恋人のニックとともにシンガポールへと向かった。初めてのアジア旅行への期待と、初めてニックの家族会うことの緊張感を感じていたレイチェルが出発当日の空港で案内されたのはファーストクラス。ニックはシンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司で、社交界の女性…

_ ふじき78の死屍累々映画日記・第二章 - 2018/10/26 23:51

▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★おもろいがラストのパンチは弱くて危うい気がする】
クレイジー・リッチはクリスティーナ・リッチと字面が似てるが関係ない。
クレイジー・リッチはグレイシー・リッチでも面白そうだけど柔術はしない。

ミッシェル・ヨー演じるセレブ母が戸田恵子っぽかった。
主人公レイチェルの親友、韓国系の彼女は『オーシャンズ8』のスリの彼女なのね。この彼女と有能だ...

_ ここなつ映画レビュー - 2019/04/03 12:51

本当にものすごく久し振りに海外出張をした。出張なのでもちろん仕事であるからしてウキウキ気分ではいられないのだが…それに会社のメンバーもいる訳だから1人ではないのだし…せめて機内だけは映画でも観て楽しみましょう、ということで、ラインナップを色々と探してみる。するとそこにありました!この「クレイジー・リッチ!」。本作は昨年大変評判が良くて、私も映画館で鑑賞したかったのだけれどどうしても都合がつかず…な作品だったため、千載一遇の機会である。逃してなるものか!と勢い込んで前の座席に張り付いた画面のタッチパネルを押す。もうもう…!評判通り、すごくすごく良かった!そして号泣である。近頃映画館の暗がりの中…