藤城清治 光と影の生きる喜び展2018/09/10


藤城清治展

「藤城清治 光と影の生きる喜び展」 銀座教文館 ウェインライトホール

藤城清治さんは94歳、力強く作品を生みだし続けています。
妖精の出てくるファンタジックな作品もありますが、震災によって被害を受けた建物や、広島ドームなど、未来への祈りをこめて作品を発表しています。


    《南三陸町防災庁舎》 2012年


    《震災の熊本城》 2018年

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック