舞う百日紅 上絵師律の似面絵帖2018/09/04


舞う百日紅

「舞う百日紅 上絵師律の似面絵帖」 知野 みさき・著 光文社文庫
シリーズ第二弾。亡き父の跡を継ぎ、上絵師として身を立てたい律だが、ままならず落ち込むことも多い。幼馴染みへの想いも、深く胸に秘めるばかりだ。しかし副業の似面絵の評判は上々で、次々と注文が舞い込んでいた。そんな折、母を殺めた辻斬りの似面絵そっくりな男に出会う……。
ひたむきに精進しているが、思い通りに仕事はできず、しかし、少しづつ認められつつあります。両親の死に関わるかもしれない男をみつけようと、女の身でありながら、こっそりさぐっています。幼馴染みや、隣人、律を気づかってくれる周囲の人や、厳しいけれど仕事を与え指導してくれている女将さんもいて、恵まれていると思いました。気がつくと、グイグイと読んでいました。
そういえば、百日紅(サルスベリ)の花が咲いているのを近頃、よく見かけます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック