江戸の悪 PARTⅡ2018/07/14


江戸の悪

「江戸の悪 PART Ⅱ」 太田記念美術館
2015年に好評だった「江戸の悪」という展示があったらしいのですが、そちらは見てないけど、パートⅡに行ってきました。
盗賊、侠客、悪の権力者、悪女、悪の妖術使いなど実在した人物から物語に登場する架空の人物まで、「江戸の悪人」がテーマとなっています。


《新撰東錦絵 鬼神於松四郎三郎を害す図》 月岡芳年


《木下曽我恵砂路》 歌川国芳

月岡芳年、東洲斎写楽、歌川国芳、葛飾北斎、歌川国貞など、さまざまな浮世絵師の作品があり、見ごたえあります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/07/14/8915628/tb