ブリグズビー・ベア2018/07/03


ブリグズビー・ベア

「ブリグズビー・ベア」 ヒューマントラストシネマ渋谷
外の世界から隔絶された小さなシェルターで、両親と3人だけで暮らす25歳のジェームス(カイル・ムーニー)。子どもの頃から毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見ることが、一番の楽しみだった。そんなある日、警察がやってきて、世界が一転する。実はジェームスは赤ん坊の頃に誘拐されて、両親だと思っていた2人は誘拐犯だったことが判明。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになる。新しい生活になかなか馴染めず、「ブリグズリー・ベア」の続きを追い求める……。
思いの外、心温まる話で、笑いもいっぱいあって良かったです。オタク青年のように成長してしまった主人公だけど、そんな彼を受け入れて一緒に楽しんでくれる仲間ができます。周囲の人が彼のために、努力してくれるし、彼も良い人だし、昔の両親のことを憎むこともないのです。誘拐犯だった父は「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカーだったマーク・ハミルが演じています。映画を見たらブリグズビー・ベアのTシャツが欲しくなることでしょう。ちょっとチープで愛嬌のある着ぐるみのブリグズリー・ベアがジワジワきます。一般的なことを知らないジェームズのギャップに笑い、その独創性が見ていて楽しかったです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/07/03/8908088/tb