まるまるの毬2018/06/07


まるまるの毬

「まるまるの毬(いが)」 西條 奈加・著 講談社文庫
親子三代で菓子を商う「南星屋(なんぼしや)」は、売り切れご免の繁盛店。
武家の身分から転身し職人となった治兵衛を店主に、出戻り娘のお永、その娘で
治兵衛の孫にあたる看板娘のお君で切り盛りしている。
諸国の菓子に通じていて日替わりで売り出す菓子は、おいしくて庶民の懐にも優しい。しかし、この一家にはある秘密があった……。
各章が菓子の名前になっています。
「カスドース」「若みどり」「まるまるの毬」「大鶉」「梅枝」「松の風」「南天月」
どんなのかと楽しみで、読んでみると、どれもおいしそうです。和菓子が食べたくなります。
真面目にひたむきに菓子を作っている一家の人情時代小説で、面白かったです。まだ話が続いていっても良さそうな感じでした。
吉川英治文学新人賞受賞作。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/06/07/8880780/tb