のみとり侍2018/06/01


のみとり侍

「のみとり侍」 TOHOシネマズ日比谷
長岡藩藩士・小林寛之進(阿部寛)は、藩主の機嫌を損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で女性に愛をお届けする裏稼業であった。早速仕事を始めるものの、初めての客であるおみね(寺島しのぶ)から下手くそと罵られる。その後、伊達男・清兵衛(豊川悦司)の指南によって腕を磨いていく。そんな中、老中・田沼意次の失脚を受けてのみとり禁止令が敷かれ、寛之進らは突如として犯罪者扱いされてしまう。
芸達者なメンバーが脇を固めていて、コメディタッチに仕上げられていました。実際にのみとりの仕事があったのか、あったとしても、裏稼業もあったのかは疑問ですが、変わった稼業の話でした。藩のいざこざに巻き込まれるわけですが、ここらへんがよくわからなかったです。主人公は勉強熱心で真面目、おまけに剣が立つ侍でした。清兵衛をのぞかせてもらって、驚いているところは「テルマエ・ロマエ」みたいでした。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/06/01/8863586/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2018/06/14 12:11

役者は良かった。ただし、54分民放テレビドラマなら。この作品は1時間半も引っ張る話ではない。っていうか、エロシーン長過ぎ。あそこを纏めれば少しは中ダレしなかったのかな、と思う。「こんな時代劇が観たかった!」と煽られても、「え〜…別に〜」という感じなのだ。役者はみんなそれぞれの役どころに上手く落とし込まれていて、キャスティングは秀逸だった。斎藤工は美味しい役だった。昔ならあの役は西島秀俊が演じたのではないかと思う。阿部寛は、と言えば…。悪くないんだけど、「テルマエロマエ」の立ち位置や言い回しとどう違うのかがわからない。疑問系の独白が多く、オチも自ら語ってしまう自家中毒状態。日本という異文化を訪…