恋は雨上がりのように2018/05/17


恋は雨上がりのように

「恋は雨上がりのように」 一ツ橋ホール(試写会)
ケガで陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきら(小松菜奈)は、アルバイト先のバツイチ子持ちの45歳の店長(大泉洋)に恋をしている。思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は28歳も年の離れている彼女の真っ直ぐな気持ちにとまどう……。
記録を持ち将来を期待されたあきらが、陸上ができなくなった時に出会った優しい店長。周囲からは冴えない人と見られていますが、あきらにとっては、一直線に心が向かっています。店長をみつめていると、店長の方はにらみつけられていると思って、おびえていたり、他に言い寄ってくる男性にはそっけないのに、店長には恋する乙女なところもあり、ギャップが楽しいです。特にデートのファッションがおかしかったです。大泉洋さんが、かもし出す笑いもふんだんにあって、笑えました。ファミレスのメンバーや他のキャストがとても合っていると思いました。小松菜奈は足が早そうに見えました。
監督は「帝一の國」の永井聡。陸上の疾走感も感じられて、爽やかさもありました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/05/17/8852656/tb