リズと青い鳥2018/05/13


リズと青い鳥

「リズと青い鳥」 TOHIOシネマズ上野
吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、ともに3年生となり、最後となるコンクールを控えていた。コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあったが、親友同士の2人の掛け合いはなぜかうまくかみ合わず……。
希美は快活で、後輩からも人気があります。一方みぞれは大人しい性格。そんな2人は希美がいつも声をかけてくれて、小さい頃から仲が良いのです。吹奏楽部に入ったのも希美に誘われたから。みぞれは希美に対して強い感情を抱いていて、ずっと一緒にいたいと思っています。コンクールの曲である「リズと青い鳥」には、物語があって、2人の関係を表しているようなところがあります。
「映画 聲の形」の山田尚子監督で、いじめや仲間はずれ的な話があるのかなぁと思っていたのですが、そんなことはなく、少女たちの未来に向けてはばたくための逡巡のような話でした。絵はもきれいだし、女の子たちの世界の様子が面白かったです。「ハッピーアイスクリーム」って、最近の人は知らないのではと思いましたけど、どうなんでしょう。時代設定は最近のように見えますが。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/05/13/8850183/tb