君の名前で僕を呼んで2018/05/10


君の名前で僕を呼んで

「君の名前で僕を呼んで」 TOHOシネマズシャンテ
1980年代、北イタリア。17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は大学教授の父が招いた青年オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて……。
美男美女の恋愛でなく、美男美男でした。特にティモシー・シャラメとが若く瑞々しいです。アーミー・ハマーも2人とも、手がきれいです。イタリアの田舎の生活がなんとも心地良さそうでした。


たまらなくオリヴァーのことが好きになり、オリヴァーもエリオに魅かれているのですが、気持ちが近づいていく過程や、通じ合った後の幸せそうな様子が、美しいです。特別な夏を過ごしていたことをジワジワと感じます。
さりげないファッションが、みんなおしゃれで、色のコントラストが良いです。そして、常に短パンでした。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/05/10/8848112/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2018/06/14 12:12

男女間、男同士、女同士に関わらず、若い時にする痛みを伴う恋愛の全てを描き出している。当人間(かん)の感情の掘り下げを、セリフよりも、ビジュアルを主に描き出している。だが、ビジュアルだけでこれを見せるのは見事だ。北イタリアのとある場所。避暑地。大学教授を父に持つエリオ(ティモシー・シャラメ)は、母と3人でここで毎夏を過ごすのが習わしであった。ここを訪れるのは年に2回。長い夏の期間と、雪の降る冬のユダヤ教の祭事の日の一時期である。毎年夏には北イタリアのその場所に、父の仕事を手伝いに、研究室から若い見習いがやってくる。今年やって来た若者は、アメリカ人でひどく自信家に見えた。エリオは彼オリヴァー(ア…