コララインとボタンの魔女2018/05/07


コララインとボタンの魔女 3D

「コララインとボタンの魔女」 東京都写真美術館ホール
好奇心旺盛な少女コララインは、引っ越してきたばかりの家で、封印された小さなドアを見つける。ドアの向こうには不思議なサーカスやミュージカルで賑わう異世界が広がっており、そこにはコララインのいうことを何でも聞いてくれる優しい両親がいたが、彼らの目はなぜかボタンでできていた。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督のストップモーションアニメ。
日本公開が2010年の作品ですが、東京都写真美術館のホールでスタジオライカ特別上映をしていました。スタジオライカは「KUBOクボ 二本の弦の秘密」の会社で「コララインとボタンの魔女」を見逃してしまったのを残念に思っていたら上映していたので、見に行ってきました。
オープニングに針で、人形を作っているようなシーンが出てくるのですが、とても凝っていて芸術的でした。内容はファンタジーなのかもしれないけど、ちょっと怖いです。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督と知ると納得です。美しいけどダークな世界が広がります。特に後半は魔女が怖くなっていくので、あんまり小さいお子様向けという感じがしません。大人が楽しむ映画でした。

★★★★☆ 4-

ボックストロール2018/05/07


ボックストロール

「ボックストロール」 東京都写真美術館ホール
チーズブリッジの町では、子どもを襲って食べるという恐ろしい怪物「ボックストロール」の噂が住人たちを怯えさせていた。町の権力者リンド卿は悪徳害虫駆除業者スナッチャーに依頼し、トロールたちを次々と捕獲していく。しかし実際は噂とは異なり、トロールは夜の町でガラクタを集めては発明に勤しむ心優しい生き物だった。そんなトロールたちと地下で暮らしてきた人間の男の子エッグスは、人間に捕らえられた育ての親フィッシュを救うため地上に出る。そこで出会ったリンド卿の娘ウィニーとともに、スナッチャー率いる駆除軍団に立ち向かうエッグスだったが……。
スタジオライカが2014年に手がけたストップモーションアニメ。長らく日本未公開だったけど、「KUBO クボ 二本の弦の秘密」のヒットを受けて、DVD発売するようで、今回東京都写真美術館で初公開されました。
ボックストロールに育てられ10歳になった少年が主人公。彼は自分もボックストロールだと信じていたが、人間の男の子だったことがわかります。トロールたちが次々と捕獲されるのを阻止しようと奮闘するファンタジー。赤ちゃんの時のエッグスがとってもかわいかったです。設定は「バケモノの子」に似ているかもと思いました。「ターザン」にも似ているかな。人形の好みは分かれるかもしれないけど、細かいところまで作りこんでいる世界が良かったです。トロールたちも、一見不気味だけど、見ていると愛嬌があってかわいらしく思えてきます。
話も良かったし、エンドクレジット後にストップモーションアニメを作っている様子がちょっと出てくるところも面白かったです。

★★★★☆ 4

バジルツナサンド2018/05/07



恵比寿の“エクセルシオールカフェ”で、映画の合間に食事。ちょうど1時間くらいの時間があって良かったです。
バジルツナと卵サンド?名前は忘れたけど、パンが意外とやわらかくて食べやすかったです。サラダとスープ付きにできて親切です。


東京都写真美術館に展示してあった「KUBO」の人形。

ひろしまフラワーフェスティバル他2018/05/07



ひろしまフラワーフェスティバル  ひらの春の切手展
砂浜美術館   埼玉大越