BAR追分シリーズ2018/05/04


BAR追分

「BAR(バール)追分」 伊吹 有喜・著 ハルキ文庫


「オムライス日和 BAR追分」 伊吹 有喜・著 ハルキ文庫


「情熱のナポリタン BAR追分」 伊吹 有喜・著 ハルキ文庫

新宿三丁目交差点近く、かつて新宿追分と呼ばれた街の「ねこみち横丁」の奥にある店・BAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーや定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテルや、ハンバーグサンドなど魅惑的なおつまみを供する。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所。昼は笑顔がかわいらしい女店主モモちゃんが、夜は白髪のバーテンダーがもてなす。 ひょんなことから「ねこみち横丁振興会」の管理人となった若者・宇藤くん、脚本家になる夢を追いながら、BAR追分に持ち込まれる問題や、ねこみち横丁の仕事に真面目に取り組んでいます。
いろいろな料理が出てくるのだけど、特にモモちゃんの作るものがとってもおいしそうと楽しんでいると、あっという間に読めてしまいます。誰もがこのお店に行って、定食を食べたいと思うのではないでしょうか。
最初は人見知りっぽい宇藤くんですが、徐々に近隣の人たちに知り合いも増えて、信頼されていっているようです。
新宿だし「深夜食堂」に近いかもしれません。そういえば伊勢丹の前に“追分交番”があるし、その向かいには“追分だんご”がありますね。昔の地名なのですね。
シリーズはまだ続くと思いますが、これからもレギュラーメンバーの今後を知りたいです。今後だけじゃなく、過去のことも出てきそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/05/04/8843118/tb