名作誕生-つながる日本美術2018/05/01


名作誕生-つながる日本美術

「名作誕生-つながる日本美術」 東京国立博物館 平成館
日本美術史上に輝く「名作」たちは、さまざまなドラマをもって生まれ、受け継がれ、次の名作の誕生へとつながってきました。
作品同士の影響関係や共通する美意識に着目し、地域や時代を超えたさまざまな名作誕生のドラマを、国宝・重要文化財含め約130件を紹介しています。
伊藤若冲や長谷川等伯、尾形光琳の国宝八橋蒔絵螺鈿硯箱、仏像など、多岐にわたる作品がありました。有名な作品が多かったです。
展示替えもあるので、見れない絵もあってちょっと残念でしたけど、楽しめました。

松林図屛風

      国宝《少林図屏風》 長谷川等伯

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック