犬ヶ島2018/04/27


犬ヶ島

「犬ヶ島」 イイノホール(試写会)
近未来の日本。メガ崎市で犬の病気が大流行し、犬たちはゴミ処理場の島「犬ヶ島」に隔離されることに。12歳の少年・小林アタリは自分を護衛していた犬スポッツを捜し出すため、1人で小型機に乗って犬ヶ島へと向かう。島で出会った犬5匹の犬たちを相棒に、スポッツの探索を始める。アタリは、犬を排除しようとする陰謀があることを知る……。
「グランド・ブダペスト・ホテル」のウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に少年と犬たちが繰り広げる冒険を描いたストップモーションアニメ。
ベルリン映画祭で、銀熊賞(監督賞)を受賞しています。
舞台は日本なので、日本語でも語られている部分が多かったです。かなり独創的でした。日本的な絵や相撲、太鼓など、文化と芸術の要素がいっぱいありました。特に太鼓が響きが心地よく感じてきます。日本人が気がつかない日本らしさがあるように思いました。
見た直後よりも、思い返すとジワジワきて面白かったです。犬はかわいいというよりもかっこ良かったです。
声優はウェス・アンダーソン監督作品によく出ている俳優さんや、ハリウッド有名俳優も多数。ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド。日本人は渡辺謙、夏木マリ、村上虹郎など。
子ども向きではないけど、芸術的な映画でした。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック