さよなら、僕のマンハッタン2018/04/19


さよなら、僕のマンハッタン

「さよなら、僕のマンハッタン」 丸の内ピカデリー
進路や恋愛に悩む若者トーマス(カラム・ターナー)は、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)と名乗る中年男性と親しくなり、アドバイスを受けるようになる。そんなある日、父のイーサン(ピアース・ブロスナン)が愛人と密会している場面を目撃。父の愛人であるジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)に近づいて、別れさせようとするのだが、次第にジョハンナに魅かれていく…。
監督は「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ。
平凡でどっちかというとさえないトーマスが、隣人やジョハンナの出現で、人生が動き始めます。サイモン&ガーファンクルやボブ・ディランなどの音楽を使っているせいか、昔の映画っぽいです。でも古くさいわけではなく、良き時代の映画という感じがしました。ウディ・アレン監督風なシャレているところもあって、私はすごく良いと思いました。ジェフ・ブリッジスやケイト・ベッキンセールなどの配役もステキです。青春のほろ苦さを知り、自分探しがあり、物語は意外な展開へ。もっとドロドロしそうな内容なのに、むしろ清々しくて、見ていて気持ち良かったです。

★★★★★ 5-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/04/19/8829298/tb